スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでは新しいブログをご用意致させて頂きました
はい
スポンサーサイト
これまでのブログ
これまでのブログへのリンクを張ります:

New adventure -渡航の準備編 -
New adventure -ポスドク韓国編 -
boogie woogie adventure:-ポスドク北京編 - ここがそれ (最初のページ

タイで書くブログは、また新たにページを用意したいと考えております。
しばらくお待ちを。

今日は全部ネタ
今日は8月1日から5日まで北京でやってた
strings のトークをちょっと見てました 

心の中の若手に
「最近は arXiv でチェックしてるようじゃもう間に合わないよね」 
とか言いながら。 「え、君らは違うの...?」 みたいな。

そんで○栗さんのトークも聞いてみたんですけどね (Videoの8月2日より)。
てゆーかやっぱ○栗さんのトークは聞いとかないといかんでしょー。
よく知んないけど。

しかし○栗さんを見ててなんか思ったんすけどね、
○栗さんってなんかカンフー映画とかで出てくる
カンフーの達人で闘うとめっちゃ強い人みたいな感じですよね。
体型とかがなんかそーゆー雰囲気。
北京の研究会だからそー見えんのかな。
(てか見てるとこ、そこかよ!)

やべーな、今日のこのポスト、
○栗さんの目に止まったら、生きてけねーわ。
芸能界なら、ラジオで若手芸人が大御所をネタにしたら
それがその大御所の耳に入ちゃって、
速攻土下座一直線コースみたいなヤツ。
yahoo news とかで
「大御所の○○、ラジオで○○にネタにされ激怒」
みたいな見出しで書かれるヤツ。

今日のポストは全部ネタです。ホントすみません。
でもこういう話をまたなんか飲みながらぐでぐで話してたいですわー。

ところで来年の strings
来年はイスラエルの Tel Aviv かぁー。なんか行きたくなってきた。

今はタイにいるのですが、ブログをまた再開しようと思います。
あれから何があって今タイにいるかなど、
またこれらから書いていきたいと思います。

ブログの最終日は北京にいた頃ですが、今、北京にいた頃
何があったかな-と思い自分のtwitterのあの頃のを見たら

「ウトウトしてしまい変な夢を見て起きた。なんとなく意識が戻った直後、
まだ北京の寒春のしかも真夜中だというのにどこからともなくセミの声。
でもそれも意識がはっきりして来るに従いいつの間にか消えていたけど」
(原文そのまま、2013年3月のポスト)

あの頃はよくオフィスで寝落ちしてしまうことがあり、
起きたらその時に見た夢を忘れる前に書き留めたことがあったなぁーと。
今ブログ再開にあたり、あの頃が懐かしいなーといった気持ちがあったりします。
7月20日
前回、更新ができなくなった理由は、やはり4コマ漫画のネタが
思いつけなかったからです。

最有力候補で上がったのは、頭に急須がついた女子高生の
日常漫画です。まずは転向してくるシーンからでした。なお
名前は 「御茶ノ水 電子 (おちゃのみず でんこ)」

しかしインパクトだけでオチが思いつきませんでした。
あと画力不足も。

これは、頭に急須がくっついた女子高生の日常漫画だけど、根底にある
のは畜産産業の裏の部分、牛さんや豚さんの食肉になるために勝手に
生み出され、ひたすら苦痛しかない生涯です。彼らに感謝する人間はいま
せんけどね。重要な事は美味しいかまずいかだけ。人間は知性は発達
したけど、所詮その程度。あと人間の勝手な都合で創り出された生き物
とは?とか、戦後の日本社会に蔓延する現実から乖離した浮遊感とかです。

なんか考えているうちに、ちょっと思ったのが、旅に出る少年の話です。
そしたら人間を家畜にしている豚さんの村に偶然たどり着いてしまいます。
少年は人間を助けるために豚さんを殺します。しかし勢い余って、普通に
生活している豚さんまで徹底的に酷い殺し方をします。その形相はまさに
鬼畜です。要するに人間サイドが鬼畜になってるんです。生き物を自分の
都合で家畜化するという行為を普段とは違った側面から見れます。しかし
その話を聞いた少年の祖母は 「あの子は変わってしまったよ」 というシーン
も。要するに鬼畜になった人間のサイドにも鬼畜になっていない側面もある
ということで。

そういう話をここ1、2週間、時々考えていました。過激で残酷なシーンが
オンパレードな話を書きたいですね。命乞いして逃げ惑う豚を片っ端から
ショットガンとマシンガンと斧で殺していく話。超問題作と言われ、識者
と言われる人々が思いっきり眉をしかめるようなヤツ。でもそれは実際、
人間がやってることなんですけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。